交通事故の被害に遭う前に知っておきたいこと

交通事故の被害に遭った時の対処法

交通事故の被害に遭った場合は必ず警察に届け出る必要があります。加害者が警察に連絡する義務がありますが、被害者も警察に届け出て交通事故証明書を交付してもらいます。次に加害者の氏名や連絡先、住所、勤務先、加入している保険会社などの情報を聞いておきます。もし第三者の目撃者がいる場合には連絡先などを聞いておいた方が良いですし、事故現場の写真なども撮影しておいた方が後に役立つかもしれません。交通事故の被害に遭った場合は気が動転していることもありますが、出来るだけ冷静に対処することが大切です。

怪我などの判断は自分では絶対にしない

交通事故の被害に遭った場合は、痛みや怪我が無い場合でも必ず医師の診察を受ける必要があります。事故直後は痛みが無い場合でも、数日後に鞭打ちの症状が出る場合もありますので、安易に自分で判断してしまうことは危険です。ですので痛みが無くても必ず加害者の連絡先などは聞く必要がありますし、その場で示談などは絶対してはいけません。鞭打ちなどの症状は何ヶ月も続くこともありますし、後遺症が残ってしまうこともあります。

保険会社との示談金の交渉について

交通事故の被害に遭うと後日加害者が加入している保険会社から連絡があります。慰謝料や損害金の金額について提示されますが、すぐに示談を受け入れてしまわないようにしましょう。保険会社は独自の任意保険基準で示談金の額を算出していますので、さらに示談金の増額が出来る余地はあります。自分だけで保険会社と交渉することが難しい場合には、弁護士に依頼する方法もあります。弁護士に依頼すれば任意保険基準よりも高額な弁護士会基準によって示談金を算出して保険会社と交渉してもらえます。

交通事故の被害に巻き込まれてしまった場合には早期に交通事故の弁護士相談をすることで解決もスムーズに実現します。

Comments are closed.