お子さんの名前の由来ってどんなところから?

人生最初の両親からのプレゼント命名

「名前」、それは誰もが平等にひとつ持つ大切な親からのプレゼント。親からしてみても子供が生まれる時には「どんな名前がいいのかな?」とあれこれ頭を悩ましながら一生懸命わが子のためにつけるものですそれが「命名」です。男の子だったら、女の子だったら、そして由来はどうしようか、など、候補を幾つも出して、そして場合によっては姓名判断で画数で頭をまた悩ませたり。楽しいけれど、責任を感じる一生もののプレゼント!

生まれる前に考える派?生まれてから派?

ママのお腹の中で10か月も共にして、そしてとうとうお腹の中からこの世界へ飛び出してくるわが子いとおしくて仕方がない瞬間ですね!その時に命名は済んでいますか?それとも生まれてからでしょうか?どちらが正解なのでもありません、どちらでもいいのです。その名前をどのように考えるものなのでしょうか。例えば、エピソードにちなんだ名前、好きな言葉や人物から名前の一部を頂いた名前、音が綺麗でどうしても使いかかった、または使いたい漢字があったからなどなど。生まれた赤ちゃんのお顔を見てから候補の中で似合いそうな名前を付ける両親も多いです。名前って、見えない名刺みたいなものですものね。

候補を絞れないカワイイ名前が多い世の中

近頃では読むのにも苦労してしまうような名前もあったり、または当て字をそのまま名前にしたり、ひと昔、ふた昔前に比べて名前のバリエーションが非常に広くなったように感じませんか?実際にそうだと思います。ゆえに幾つかの候補を出したとしても、絞り切れないなんて事もあったりするのでしょうね。男の子でも女の子でも両方とも言えることですが、本当にカワイイ名前が増えたように感じます。生まれてからどんどん成長していきいつかは大人になってしまうわが子たちが、大人になっても使い続ける名前です。一生懸命ステキなお名前を選んでいただきたいですね!

姓名判断は赤ちゃんの命名などにも利用され、名前の画数から、一人一人の人格や個性・宿命などを知る事ができます。

Comments are closed.