Most Popular Photograph

p_126218.jpg

交通事故の被害に遭った時の対処法

交通事故の被害に遭った場合は必ず警察に届け出る必要があります。加害者が警察に連絡する義務がありますが、被害者も警察に届け出て交通事故証明書を交付してもらいます。次に加害者の氏名や連絡先、住所、勤務先、加入している保険会社などの情報を聞いておきます。もし第三者の目撃者がいる場合には連絡先などを聞いておいた方が良いですし、事故現場の写真なども撮影しておいた方が後に役立つかもしれません。交通事故の被害に遭った場合は気が動転していることもありますが、出来るだけ冷静に対処することが大切です。

怪我などの判断は自分では絶対にしない

交通事故の被害に遭った場合は、痛みや怪我が無い場合でも必ず医師の診察を受ける必要があります。事故直後は痛みが無い場合でも、数日後に鞭打ちの症状が出る場合もありますので、安易に自分で判断してしまうことは危険です。ですので痛みが無くても必ず加害者の連絡先などは聞く必要がありますし、その場で示談などは絶対してはいけません。鞭打ちなどの症状は何ヶ月も続くこともありますし、後遺症が残ってしまうこともあります。

保険会社との示談金の交渉について

交通事故の被害に遭うと後日加害者が加入している保険会社から連絡があります。慰謝料や損害金の金額について提示されますが、すぐに示談を受け入れてしまわないようにしましょう。保険会社は独自の任意保険基準で示談金の額を算出していますので、さらに示談金の増額が出来る余地はあります。自分だけで保険会社と交渉することが難しい場合には、弁護士に依頼する方法もあります。弁護士に依頼すれば任意保険基準よりも高額な弁護士会基準によって示談金を算出して保険会社と交渉してもらえます。



交通事故の被害に巻き込まれてしまった場合には早期に交通事故の弁護士相談をすることで解決もスムーズに実現します。

交通事故の被害に遭う前に知っておきたいこと

0 Loves

車検は必ず必要な整備です

車検とは自動車を所有している方はご存じですが、必ず受ける必要のある整備となっています。定期的に車検を受ける事が義務とされていますので、車検を受けた証明のある自動車で無い場合には公道を走る事は出来ません。私有地のみ走行するのであれば車検は必要ありませんが、公道を走行したい場合には車検を定期的に受ける事が義務です。新車では3年、中古車で2年の間隔で車検を受ける事が一般的とされています。車検を受ける時には知っておきたい事が多くありますよ。

車検の費用を安くするためには

車検の費用とは、どうしても高い費用になってしまうものですよね。そんな時には車検を受ける業者を変更する事が最適です。車検を受ける時に必要な費用とは、基本的な整備料金に加えて部品交換が必要であれば、部品代、工賃が総合した費用になります。車検の整備費用は、業者によって異なる特徴がありますので、安い費用で車検を受ける事が出来る業者を見つける事が出来れば安く車検の費用を抑える事が出来ますよ。部品交換は基本的には業者間でも価格は変わりありません。

車検の業者選びについて

車検を受ける業者を選ぶ時にはどのような選び方をすれば良いのか悩む方も多くいますよね。安い費用で車検を受ける事が出来る業者で良いと思ってしまう方もいますが、その選び方は間違いです。車検は安全に走行する事が出来る自動車に整備してもらう目的がありますので、しっかりと質の良い整備をしてもらう事が必要です。そのため、安いだけでなく評判も良い業者を選ぶ事が出来れば、車検を受けるための業者選びの方法は確実に間違いがありません。



広島の車検について詳細を知りたいならば、各業者のホームページを閲覧して、希望の費用や期間を明確にしながら探すことが大事です。

知っていると得をします!車検のお得なあれこれ

0 Loves